生きるということと、、、。

今日は午前中から外出をしたが復活出来なかった。

帰ってからまた頓服薬を飲んだけど、まだ回復できてない。

 

こういう状態の時はなぜか、生と死について考えてしまう。

 

あくまで私の考えですが「生きる」とは生活をすることと

考えていて、生活する為には「働く」ことになる。

もちろん世に中には働いていなくても生活ができる人もいる。

社会に接してない人でも生活できる人もいる。

働けない事情がある人もいる。

 

でも私は今「休職中」なので働いていないし、自分自身のことを

生きていない人だと思う。抜け殻のようだと自分では思っている。

 

毎日、好きな時間に起きて、好きなことをして、好きな時間に寝ている。

 

私は働かず自由な時間が出来て幸せだなと感じる事がある。

でもそこで幸せを感じてしまう自分が許せない時がある。

だから自分を傷つけたいと思う。弱い人間だと思う。

逃げてるだけだと思う。

 

私はこういう「うつ」の時は必ず自分に問いかけることがある。

「自分は何から逃げているのか?」

答えは決まって「生きることから逃げているだろう」と。

 

私は生きることが怖い。人に迷惑をかけることが怖い。

 

ただし生きることから逃げるということは、その先はひとつしかない

「死」ということだけだ。

 

そうなってくるともう頭の中がぐちゃぐちゃで、

胸が苦しくて助けてって言いたいのに

助けを呼びたくなくて、弱い人間だと思われたくなくて、

見栄張って、虚勢張って、、、、。

 

最後は決まって自分の事を「悲劇のヒロイン」のつもりかと罵る。

 

 

誤字脱字多いとは思うけど、今日は疲れたのでこの辺で休みます。

とりあえず、今思っている事を書いたつもりです。

 

最後まで読んでくれた方、有難うございました。

汚い文章ですみませんでした。