読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がうつを患ってしまった時。

うつ

私がうつを患ってしまった時。

 

ほんの些細なことでも胸に突き刺さることがある。

そんなことは誰にでもあると思う。でもその時の

私は「心がえぐられる」ような気持ちだった。

 

あの時はすごく苦しかった。

 

うつの原因となった言葉を聞いた直後は頭が回らずに

「苦笑いで、ただ頷いた」

その時は「頭が空っぽ」の状態でしたが

次第にそれを思い出すと「手」が震えるようになっていった。

最初はそれを隠そうとしたが、字を書くことが多い仕事のため

すぐに無理だと思い先輩に助けを求めるようになった、、、

そして自分を責めて心が壊れていった。

 

その後に色々な事が起きて休職の道へ行ってしまったけど、

まだ書く気にはならない。

 

今でも私は自分を責める。とことん責める。

自分自身が許せないから責める。

そしてとても苦しくなる。

それの繰り返しである。

 

私がうつを患ってしまった時のあの言葉は

今でも忘れられない。

正常な状態で聞いていれば、なんてことなかっただろう。

戻れるなら戻りたいが無理な話である。

 

そして私は「今でも忘れられない言葉」を思いだし

自傷行為を止めようと踏ん張っている。