愛猫との別れ。

ブログではあえて愛猫のことを

触れていませんでしたが、愛猫「ミー」が

闘病生活をおくっていてブログに書くことで

嫌な想像しか出来なかったのであえてブログに

書いていませんでした。

 

想像が現実となってしまったのが

昨日の出来事です。最近1周間ほどは

歩くのもやっとという感じで見ていて

苦しくなるほどでした。

 

それでもゆっくり歩いて、定位置である

私の腿の上でくつろぐのがいつものスタイルです。

 

昨日は朝から体調悪そうだったので

妻が病院へ連れて行って、その後買い物と

用事をすませて帰ったら亡くなっていました。

 

自宅に入って妻のただならぬ声に、もしかして

と嫌な予感がしたので急いで別部屋に向かったのですが

もう手遅れでした。

 

その後は妻とボロボロと一緒に泣いてしまいました。

 

そして少し落ち着いた頃に、埋葬依頼の電話を

して先ほどお別れをしました。

 

ミーは元々、私と妻が付き合い始める前から

妻のペットとして一緒に過ごしていました。

 

ですので私と妻より、妻とミーの方が

付き合いが長いのです。

 

それもあって妻はひどく落ち込んでいました。

 

それでも私もミーと14年一緒に過ごして

きたので悲しくて辛くてボロボロでした。

 

最近は上でも触れましたが、私の腿が

定位置でずっと私と一緒にいました。

妻が本当のご主人さまなのに。

 

ミーとは今まで色々な事がありました。

ミーと過ごした日々は忘れません。

 

今日中に埋葬までしてもらえることに

なりましたので、後でお参りに行こうと

思っています。

 

そして今まで有難うと伝えるつもりです。

 

ではでは〜今日もほどほどに

頑張っていきますよ。