血液検査

おはようございます。

 

体調はまあまあです。

 

糖尿病にもだいぶ慣れてきました。糖尿病に慣れるという表現はおかしいですが、正確には薬に慣れてきましたですね。

 

最初のころは低血糖で倒れてばかりで、身体が弱ると心まで弱ってしまいどうしようない状態でした。抑うつ状態になってしまって大変でした。

 

身体とこころのバランスは大事だなと痛感させられました。

 

で本題ですが、血液検査。最近、メンタルの病院と糖尿の病院とで血液検査がほぼ毎月行われています。

 

少し前には健康診断もあったので、ここ数ヵ月毎月血液検査していると思います。

 

そもそも血をみるのが苦手で、初めて献血を行った時は気を失いましたし、血液検査と聞くだけで警戒してしまいます。

 

でも最近の血液検査の多さのおかげで多少免疫がついてきました。

 

ですが血液検査、採血を行う人が下手だと、まあ正直勘弁してくれと思います。

 

針を刺した後で動かす方いまして、イタタタタタ。沖縄の方言ですと「あがー」です。

 

心の中では、あがーあがーしています。

 

注射針刺すときに、「う~んあまり血管見えないけどイチかバチかで刺してみるか」と思いながら刺しているんじゃないかと勘繰ってしまいます。

 

という感じなので血液検査克服はまだ先となりそうです。

 

痛いのはいやだよ。

 

ではでは。